• ウルセラの施術の流れとは?

    ウルセラは皮膚を切らずに、リフトアップ効果を得られる美容医療の1つです。

    超音波をピンポイントに照射し、肌の下にある「筋膜」をリフトアップします。


    肌の土台とも言われる筋膜がキュッと引き上がるので、リフトアップ効果は絶大です。

    また、施術後からコラーゲンの生成量が増加する為、長期間ハリや弾力をキープできます。
    メスを使わない美容医療という事もあり、比較的気軽に施術を受けられるでしょう。ただ、やはり初めての施術となると、どのような流れで行うのか少し不安に感じる方も、多いと思います。

    ウルセラの施術は、まずカウンセリングから始まるのが基本です。

    ウルセラは顔全体の施術も可能ですが、おでこや目尻、ほうれい線や首など部分的な施術も行えます。



    まずは医師としっかり話し合い、どこのシワやたるみが気になっているのか、確認する事が大切です。カウンセリング後はメイクを落として、いよいよ施術となります。超音波を照射する部分に医師がマーキングを行ってから、肌にジェルを塗りまずは照射テストを行い、肌へのトラブルが無い確認を行います。

    問題が無ければ本照射となるケースが一般的です。



    施術時間は施術部位によって変わりますが、平均して約30分から60分程度です。


    最後はジェルを落とす為に洗顔をし、メイクをして帰宅となります。
    施術時間も短く、痛みもほとんど感じられないという点が、ウルセラの特徴です。施術当日は皮膚の赤みが強く出る行為、入浴や運動、飲酒は避けましょう。